真珠のネックレス通販 -パールアクセサリー.net-
真珠アクセサリーのネット通販

真珠のネックレスの糸のお話し

真珠のネックレスの糸のお話し

真珠のネックレスの主役はもちろん真珠になりますが、
忘れてはいけないのが、それらを繋いでいる糸です。


アコヤ真珠ネックレス 以前の主流は絹糸

真珠というのは非常に繊細なため、
例え触れても傷がつきにくい絹糸が主流でしたが、
切れやすいということもあり今はあまり使われていません。

お手持ちの真珠ネックレスで古いものがあれば、
絹糸が使われているネックレスかもしれませんね。

出来れば一度、糸の交換をしておくと良いでしょう。


最近の主流はワイヤーと化学繊維系

最近では絹糸に変わり、ワイヤーや化学繊維製の糸などがよく使われています。

ワイヤーは頑丈で切れにくいのが特徴ですが、
真珠の珠を傷つけることが多くあまり好まれませんでした。

しかし、ワイヤーにコーティング技術等の発達により、
以前ほど真珠を傷つける心配が少なくなっています。

化学繊維系の糸は、かなり切れにくく作られてはいますが、
こちらも絹糸同様に、定期的な糸の交換は必要になってきます。

丈夫で切れにくくなっているとは言っても、
やはり、長期間使っていると、糸は伸びてくるものなんですね。

真珠の珠と珠の間に隙間が気になってきたら、
糸の交換の目安だと思ってください。


真珠ネックレスの糸交換は自分でも出来る

宝石店などに依頼すれば糸の交換も行ってくれますが、
やろうと思えば自分でも意外と簡単に糸の交換は可能です。

真珠に傷がつかないよう慎重に行う必要はありますが、
それほど難しいことでもありませんので是非チャレンジしてみて下さい。

手芸店に行くと、真珠専用の糸や針が売っていますから、
それらを利用すれば問題なく出来ると思います。

注意点としては、糸は真珠専用のものを選ぶという事と、
真珠の珠の順番と向きの状態を変えないという事です。

真珠の珠を元通りに繋げていくのは重要なので、
細かくて面倒ですが、しっかり行うようにして下さいね。


糸が伸びたままの状態でお使いになると、
最悪の場合、切れてバラバラになることもあります。

公の席でそんなことになったら大変ですし、
気が付いたらなるべく早く糸交換を行うようにしましょう。